iTECSによるコンクリート構造物の健全性調査

外壁タイル・下地浮き剥離調査

 

kenzen1.jpg kenzen2.jpg

データ取得調査状況

 

打診調査で判断できないタイル

タイル下地の浮き調査範囲

 

図1 建全部でのスペクトログラム 図2タイル薄利
健全部でのスペクトログラム タイル剥離と想定されるスペクトログラム
図7周波数2倍のスペクトル強度分布 図10SONARグラフ
分布図 SONARグラフ

 

取得したデータをスペクトログラムにてそれぞれ解析します。

調査範囲で解析したデータを使用し分布図を作成します。

赤外線調査・一部打診調査等併用し、iTECSで調査すれば、さらに信頼性の高い調査が行なえます。

 

コンクリート強度・クラック調査

 

コンクリート壁のデータ取得 クラック深さ測定状況
コンクリート壁のデータ取得状況

クラック深さ測定状況

ひび割れ以下図 ひび割れ以上図

 

既設コンクリート構造物耐震調査のコンクリート推定強度測定は、同等レベルの箇所1箇所でコア採取し、圧縮強度試験で得られたデータと比較・算出することにより他の調査対象箇所は、非破壊で強度測定することができ、広い面での調査ができるので、より信頼性のある調査を行うことができます。

また、クラックの深さの調査もiTECSで調査する事ができます。