iTECSとは?

 

iTECSとは? iTECSとは?

iTECSのセンサーを、コンクリート表面に押しつけ、センサーの近傍を鋼球などのインパクターにより打撃すると、弾性波が発生し、コンクリート中を伝搬します。


 この弾性波はコンクリートの弾性率、密度によって、伝搬する速度が変化するとともに、内部に空洞などが存在すると、空洞位置で反射する性質があります。

 iTECSはこのインパクターによる打撃によって生じる弾性波をセンサーで観測し、弾性波の伝搬速度、反射時間などを測定して、コンクリート表面、内部の状況を非破壊で検査する画期的なシステムです。

iTECSでは次の調査が可能です

 

iTECSでは次の調査が可能です

 1.コンクリートの圧縮強度推定

 2.コンクリートの厚さ測定・内部欠陥状況

 3.ひび割れの深さ

 4.モルタル・タイルの浮き状況等

波形(厚さ解析1) 波形(厚さ解析)2

 

iTECSの特徴

 

iTECSの特徴 iTECSの特徴


1.測定がスピーディー


  コンクリート表面に対して特別な処理を必要としません。  短時間で測定出来るので、より多くの測定点での測定が可能となります。


2.多機能・高精度
  iTECSでは圧縮高度、厚さ、欠陥探査など、多くの項目についての測定が可能です。

  コンクリート厚さの測定精度は約±4%です。




3.深部までの探査が可能
  コンクリート構造物の厚さ測定、欠陥探査では厚さ100mm〜2500mmに適用できます。

  深さ100mm未満の欠陥(表面剥離)については、欠陥の平面位置を探査する事が出来ます。

iTECSによるコンクリート圧縮強度の推定

コンクリート圧縮強度の推定

 

コンクリート圧縮強度の推定 コンクリート圧縮強度の推定

 

 測定対象のコンクリート内部を伝搬する弾性波の速度を測定することでコンクリートの圧縮強度を推定します。


 コンクリート内部を伝搬する弾性波速度とコンクリートの圧縮高度との間には、同一配合であれば強い相関関係があります。


 つまり、この相関関係を利用して、iTECSにより測定した弾性波速度からコンクリートの圧縮強度を推定します。

 

 

 

コンクリート圧縮強度の推定 コンクリート圧縮強度の推定

  

 

 

 ○新設コンクリート構造物推定手順
 1.コンクリート打設時に円柱供試体を複数作成し、これら供試体における圧縮強度と弾性波速度の関係から強度換算(あるいは推定)式を求めておく(図-1.1)
 2.コンクリート構造物の任意の場所において、iTECSにより弾性波速度を計測する。
 3.図-1.1のように構造物で求めた弾性波速度と強度換算式から強度を推定する。

既設コンクリート構造物推定手順
 1.コア採取位置で、弾性波速度を推定する。(同レベルで、1ヶ所のみ)
 2.コアを採取し、圧縮試験をする。
 3.調査箇所で、弾性波速度を測定し、圧縮試験データと調査箇所の弾性波を比較する。
   


推定精度
  新設コンクリート構造物でiTECSにより推定した圧縮強度と、コア採取による圧縮試験結果を比較した結果は、図-1.2のとおりです。図-1.2より、iTECSを用いた場合、おおむね±15%以内の誤差で強度推定が可能となります。

 ※本測定内容は国土交通省「微破壊・非破壊によるコンクリート建造物の強度測定試行要領(案)」に基づきiTECS法として導入されています。

国土交通省ホームページ
http://www.mlit.go.jp/tec/sekisan/sekou/pdf/210331kyoudo02.pdf

(独)土木研究所ホームページ
http://www.pwri.go.jp/jpn/seika/conc-kyoudo/kyodo.syougeki1.pdf

iTECSによるコンクリート構造物の健全性調査

外壁タイル・下地浮き剥離調査

 

kenzen1.jpg kenzen2.jpg

データ取得調査状況

 

打診調査で判断できないタイル

タイル下地の浮き調査範囲

 

図1 建全部でのスペクトログラム 図2タイル薄利
健全部でのスペクトログラム タイル剥離と想定されるスペクトログラム
図7周波数2倍のスペクトル強度分布 図10SONARグラフ
分布図 SONARグラフ

 

取得したデータをスペクトログラムにてそれぞれ解析します。

調査範囲で解析したデータを使用し分布図を作成します。

赤外線調査・一部打診調査等併用し、iTECSで調査すれば、さらに信頼性の高い調査が行なえます。

 

コンクリート強度・クラック調査

 

コンクリート壁のデータ取得 クラック深さ測定状況
コンクリート壁のデータ取得状況

クラック深さ測定状況

ひび割れ以下図 ひび割れ以上図

 

既設コンクリート構造物耐震調査のコンクリート推定強度測定は、同等レベルの箇所1箇所でコア採取し、圧縮強度試験で得られたデータと比較・算出することにより他の調査対象箇所は、非破壊で強度測定することができ、広い面での調査ができるので、より信頼性のある調査を行うことができます。

また、クラックの深さの調査もiTECSで調査する事ができます。

 

地中埋設物・ガードレール根入れ調査

○地中埋設物調査

 

電磁レーダーによる探査状況 電磁レーダーのモニター 電磁誘導による地中埋設金属探査状況
電磁レーダーによる探査状況 電磁レーダーのモニター 電磁誘導による地中埋設金属探査状況

 

ガードレール根入れ調査


防護柵支柱の根入れ調査 防護柵支柱の根入れ調査
iTECS6V1による防護柵支柱の
根入れ調査
波形画面

 

   ・当社は、iTECS技術協会の会員であり、調査は、防護柵支柱根入れ長測定資格者が
    調査いたします。

   ・鋼製防護柵の根入れ調査は、国土交通省の、
    「非破壊試験による鋼製防護柵の根入れ長測定要領(案)」
    で報告を義務化されています。

   ・iTECS技術協会ホームページ
    http://www.itecs.jp/

CTSによる打撃式コンクリート強度測定

国土交通省のNETIS(新技術情報提供システム)に登録

CTSとは

 

CTS.jpg コンクリート強度測定例
  CTS-2コンクリートテスター

        コンクリート高度測定例



加速度センサーが内蔵されたコンクリートテストハンマーで検査部位を打撃する事によって生ずる打撃力波形を迅速に得る事が出来る画期的な測定法です。

CTSを用いることによって広範囲に渡るコンクリートの圧縮推定、タイル・モルタルなどの剥離などの劣化判定をリアルタイムで行う事が可能となります。

 

 

CTS1.jpg CTS2.jpg
従来の打診法による剥離等の判別

CTSを使用したきめ細かい診断

CTS3.jpg CTS4.jpg
表面塑性化指標 強度分布